慣れと寂しさの中での生活

私はパートで働いているのですが、お給料が少ないです。年齢的な事もあるのでいまから転職というのもなかなか難しく一人暮らしなので贅沢しなければ何とかやっていけるかなぁとは思っていますが、貯金がなかなかできないので将来的にはどうなるのかという不安はいつもあります

もともとそこまで物欲もある方ではなかったのでお金がなければ何も買わずに過ごすことも大して苦にはならないのですが、あまり何も使ってないとたまにパァとお金を使いたくなることもあります。
でも、毎月のお給料が少なくなってからはそういうのも殆どできないというか、しようという気にもならなくなってしまい、少しでも貯蓄に回せれば…と思うのですが、そうなるとそうなったで何も楽しみのない日々になってしまいました。
最近はひと月にどれだけのお金でやりくりできるか…そんな事が楽しくなってきて、楽しい反面なるべく使わないようにするのでしんどいのですが、まだ楽しめているだけ能天気な性格でよかったとは思っています。

遊びに行かず外食もしなくなると、他にけずれるのが食費になってくるわけですが、安いスーパーに買い物にいったり一人なのでご飯を作らない日々も増えてきたりで、作った時は今日は50円位でできたなぁとかそういう楽しみ方をするようになり、食材が安く買えたり、何品かおかずを並べているのに安くで作れたなぁとかが嬉しくなったりしています。

だいたい一日の食費は平均して50円から高くても300円位には収まっているとは思うのですが、たまにコンビニでおいしそうなデザートをみて買おうかなぁと思っても一つ250円とかすると、いつも頑張って安い買い物をして冷凍したり、食材を工夫したりして作るご飯の事を考えるとおやつにこの値段か〜とコンビニでいつも考え込んでしまいます。

もちろん気にせず買ってしまうときもありますが、何となく欲しいなぁって感じの時は結局買わずという事の方が多く、何だかコンビニでおやつ一つ買うのにこんなに迷うとは…とちょっと情けなくなる時もありますが、結果的にはお金を使わずダイエットにもなっていいかぁとやっぱりいい方向に考えれているのでこんな性格でよかったとは思うものの、友達と外食したりする機会もかなり減ったし、食卓に並ぶ食事も大した物はないけれど全部そんな事に慣れてしまいました。

お金をやりくりして無駄遣いをせずに楽しめる状態はいいなぁと思う反面、そんな状況に慣れてしまったことに大しては少し寂しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です